読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bitgentleman’s blog

Bitcoinを囲んで世界の友達とワイワイやって、どっぷりHYIPにも使っちゃったおじちゃんのブログです。

ブロックチェーン立国を目指す北欧の小国エストニアの巻

6087682155691085

sponsor

ブロックチェーン立国を目指す北欧の小国エストニア

f:id:bitgentleman:20170409043823j:plain

こちらの音声だけでもお聞きいただければ結構です。

 

youtu.be

お久しぶりです。
今日は少し違った視点で仮想通貨にまつわる、いずれはフィンテックによる変革を
外から眺めてみようと思います。ブロックチェーンがいま世界ではどこまで使われているのか?
まずはこちらを見てみて下さいね。北欧の小国エストニアの現状です。


エストニアとは?

北欧の小国であります。
エストニア北ヨーロッパの共和制国家です。
公用語エストニア語ですが、複数言語を離せる国民が多数。

報道の自由度ランキングの上位国。

IT教育が盛んで、外国企業がIT進出するケースも多い。
あのSkypeを生んだ国でもあります。

IMFの統計によれば、2013年のエストニアGDPは187億ドル。
一人当たりのGDPは18,852ドルで、EU平均の3万4千ドルの半分強ほどで、
バルト三国の中では最も高いとされています。

IT技術者が多く、経済もアメリカ型の市場放任主義
ヨーロッパのITのオフショア開発の拠点ともなっています。
IT産業が堅調であることから「eストニア」と呼ばれることも。

「国の意義は『領土』でなく『人』」という考えの下、国民や国のデータだけでなく国の仕組みもすべてサイバースペース上に置くようになりました。

IDカードは2002年から、その所持を15歳以上の国民に義務付け、身分証明書
と運転免許証、健康保険証などを統合しています。

2007年には、モバイル機器をIDに使えるモバイルIDも開始。

電子立国=「e-state」の構築のビジョン

Empowering
(エンパワー、権限の付与)

Efficient(効率性)

Economical(経済性)

Everywhere(どこでも)

Engaging(協業)

Egalitarianism(公平性・透明性)

この様な、全てが公平で公正かつ効率的な思考で構築されている。その反面2020年までに今の職業の50%が無くなるといわれていますが、エストニアでは現実にこんなことが起こっています。
現在のエストニア政府の活動を支えているのはX-Roadというクラウドコンピューティングシステムです。
このデータベースには国民のありとあらゆる公的情報が蓄積されていて、全国民の預金残高まで把握することができます。

この預金残高まで把握できるシステムが鍵です。

全国民の預金の残高を把握しているため、課税額の計算を全て自動で行うことができます。そのため、国民は様々な端末
から自分の納税額を確認し、承認するだけで確定申告が完了します。これらの課税処理を自動で計算することができるため、
税理士に依頼することがなくなってしまいその結果、エストニアから税理士や会計士が消えてしまいました。


何が言いたいかというと
この様な事が世界では既に現実となっています。私たち日本人は強い貨幣価値を持ち米国を盾にしてやっていけています。
しかし、反面このような国外の情報がほとんど認知されておらず、国民のほとんどが時代の変革に気づいていません。
今、我々ビットコイナーがいろいろな仕組みや取り組みを続けていくことが将来の日本を支える基盤となると思います。
また、どの国もIDカード(日本ではマイナンバー制度)により全てがガラス張りになります。それをどう捉えて進むのか
そこが全ての基礎となることでしょう。
そうなるまでに、そうなっても平然としていられるように今、資産構築をしっかりしておくべきだと思います。
そこで!!
こちら!!

現在、私はTCC(トレードコインクラブ)でビットコインを運用しています。

こちらはいろいろな仮想通貨のトレードで利益を出して私達に還元してくれています。

トレードコインクラブのこちら私のグループでは、仮想通貨ってそもそもなんなの?とかもミーティ

ングで共有したり、アフィリの仕方を学んだりと個の力では解決できないことなんかも随時

グループで共有化して解決していくこともやっております。

入ったはいいけど、これからどうやっていくの?という人も大丈夫です。安心して下さ

いね。和気あいあい毎晩22:00より新規の方へのプレゼンも含めて毎夜22時よりWebミーティング

を開催しておりますのでお気軽にお尋ねくださいませ。(o^―^o)ニコ

お試しで参加を御希望の方は以下のLineQRコードで友達申請を頂ければご招待いたします。

その際はコメントでミーティング参加希望と書き込んでください。

 

f:id:bitgentleman:20170226204543j:plain

f:id:bitgentleman:20170226203719p:plain

#トレードコインクラブ #TCC #Webミーティング #Bitcoin #仮想通貨 #バイナリー